1月のロミロミお年玉付き

お年玉です!これだ!ギフトが降りてきました。
限定10枚です。
マリア様のプレゼント付

私の数年大切に神棚にあげてしまっていましたが、
こんな素敵なものはギフトしたいし、きっと手元にいった方の所でサポートしてくださるかと思います。
詳しく何か。まで書く必要もない気がしています。

先着10名様のみです。

大阪、和歌山とも来年は日程は入れません。
フリーですので、遠慮なくご連絡ください。
大阪の確定日程は、8.12.15.20.22.29日です。
この日の前後もしくは当日時間によりますがご予約可能となっています。




Lomi Lomi Salon&School Trinity

1月のロミ『メビウスの輪』

来年のことをぼんやりと沖縄でも感じていて
来月のロミロミをどのようなものにしたいのか?を
問いながらここ数日は過ごしていました。

イノシシの2019年。
継続するが吉な流れであり調子に乗らぬ事。
終わりや始まり変化も多い中で継続させるとは
かなりのグラウディングが必要となりそう。

だからこそ誰かと何かを継続させてゆくのだろうか。とぼんやりと感じていました。

私は最近、本当にマネージメントと言うものが不向きだと感じていて、そう言う誰かといると安心できます。我が家の場合は、彼がそれを担ってくれていて本当にありがたい存在だなって、今朝感じていました。
コツコツ継続できるのはこの様なサポートしてくれる人がいるからだ。



そして、それをやり続けるには、メビウスの輪だよ!って、感覚が降りてきた今日。


メビウスの輪について、つまりは無限
 
このテープ上に線を引いていくと、いつの間にか裏側にも線が引かれ、最後は元に戻っている。どっちが表でどっちが裏か分からない。

前に出ることもあれば後ろで支えることもある。
お互いにそれぞれが理解して成り立つことなのなかーなんてぼんやりと感じています。

そして、無限(継続)し続けるには変化し続けることでもあります。
私の中でもあなたの中でも。継続する為に変化し続ける。
新しい様で古い様で、変わっていない様で実は変化している。
チャクラで言うと、8次元
つまりは、自分を超えた領域にある。

12月のポノのトリートメントには、8チャクラまでの精油も無意識に取り入れていたのが面白く。
そして、第1チャクラの精油だけをいれずに2から8まででブレンディングしていました。

きっとこの来月1月のために外す様に仕組んでくれたのかな?と思っています。

来年は、世界全体で日食が3回、月食が2回起こると言うのです。
月や太陽、自然の法則の影響を少なからず私達のボディやマインドに影響がありそうです。


そして、1月は日蝕も月食もあるようですね。

コレは…太陽神…ラーを浮かべました。

フランキンセンスは、古代エジプトの神殿での宗教儀式には欠かせないもの。

心の滞りをなめらかにし、心に静けさをもたらす作用があります。

そのため、イライラや不安、心の乱れを落ち着かせてくれます。そして、世俗的なものに縛られてしまった感情や忘れられない過去から解放させてくれ、自己を高める手助けをしてくれます。

呼吸を深め、心を静かにさせ、集中させるので、スピリットの世界へつながる香りでもありそう。

これに、いくつかお客様のオーダーに合わせブレンドしていこうと思っています。

太陽神と言えば日本では、アマテラスさんだよね。

仏教の守護、摩利支天は、イノシシとのつながりが深く、太陽や月の光線を意味し護身や蓄財を司るとか。



少し日本の新年の香りもこの時間に添えたいと思い、お酒とお塩の足湯をご用意しようと思っています。

もちろん音叉やカードも今年度もお使い致します。

一年のスタート、柔軟さを持ち合わせながら継続す事、安定し柔らかな光を皆様がより解き放たれますお手伝いを。しっかりしたグラウディングをイメージし。恐れを不安を緩和するような精油のブレンドで、あなたの中でメビウスの輪を回し宇宙のメビウスの輪と繋がること。


なんだか来年に想いを馳せればミクロとマクロを感じた私です。しっかりチャージしたスタートを!

価格 16000円
所要時間は3時間程度です。
https://trinity44.amebaownd.com/posts/5422445

Lomi Lomi Salon&School Trinity

lomilomiサロン『trinity』ロミロミスクール、チャクラセミナーなど、身体を学ぶスクール。 心と体、魂を繋ぐ…マナを一緒に感じ合えるクラスです。トリートメントもご予約可能です。 ハワイ語で、『マナ』とは、エネルギー、気などと言われています。Loving touchで、心と体、魂の浄化し、健やかな身体作りのお手伝いをしています。

0コメント

  • 1000 / 1000